レディースのファーコートに使われている毛皮について


レディースのファーコートとは哺乳類の毛がついている毛皮のことをいいます。長く太い上毛と、短くてやわらかい下毛があるのが特徴です。レディースのファーコートに使われている動物によってどちらの毛も持っている種類と、一方は進化して他方は退化した種類に分けられます。上毛は動物によって特有の色があり、多彩です。下毛は身体を保護する機能があり、保湿をしています。レディースのファーコートに使われている素材として、例えばミンクがあります。密生している綿毛により保湿性が優れているのが特徴で、シルキーで光沢に富んでいる上毛は耐久性もあります。衣料用の毛皮として優れた特長が備わっているのが魅力です。突然変異種のミンクが出現してからは色の種類も豊富になっています。染色もしやすく、多くの色を表現することができる毛皮です。この他、セーブルもレディースのファーコートに使用されます。特にロシアンセーブルは、最高品質を誇っている効果な素材の一つです。特に白い刺毛のあるシルバリータイプは希少価値が高いものとして知られています。色や素材、デザインによってカジュアルからフォーマルまで使い分けられるのが、レディースのファーコートです。



フォックスファーを長持ちさせるなら


フォックスファーは刺毛が長めで光沢があります。綿毛も豊かなボリューム感があり密度が高いのが特徴になっています。長毛毛皮の中でも代表的なものであるフォックスファーは、ファッション界で欠かすことができない存在です。このようなフォックスファーを長持ちさせたいならば、日ごろのお手入れに注意しましょう。まず、帰宅したらハンガーにファーを吊るし、風通しが良い所にかけておきます。その後、手で優しくポンポンと叩いて、ホコリを落としましょう。次に毛並みをしっかりと揃えるためにフォックスファーを軽く振り、毛並みに綺麗に沿うように撫でながら整えます。このようなお手入れを毎日行うだけで、長期間綺麗な状態を保つことが可能です。フォックスファー用のブラシを使ってブラッシングすると、さらに綺麗になります。ニオイや汚れが気になるならば中性洗剤やシャンプーを薄めてから、拭き取るとよいです。タオルや綺麗なガーゼなどを洗浄液につけ、絞ったあとに拭き取りましょう。リンスでも同じように拭いた後は陰干しで乾かし、毛並みを整えて終了です。保管する場合は紫外線や湿気、温度からフォックスファーを守るために通気性がある場所にカバーをかけておきましょう。



毛皮のコートの取り扱い方


冬場のファッションアイテムとして毛皮のコートがあって、見た目の高級感だけではなくぬくもりも十分にあって、防寒着として欲しいと願っている女性は多いでしょう。着るだけで品性が加わり周囲から注目される、毛皮のコートは高級感と同意語になっています。

しかし毛皮のコートというのは取り扱いが難しいもので、シーズンが終わってクローゼットにしまっておいたら虫食いでとんでもないことになっていた、そういったトラブルもあるはずです。またカビや獣めいた臭いがするなど、問題を起こしてしまうケースが多々あります。

その理由は単純に取り扱い方が間違っているので、正しい方法を行えばトラブルを避けることが可能です。

毛皮のコートの取り扱いの基本は湿気と直射日光を避けること、そして着た後には毎回ブラッシングをして埃や汚れを落とすことにあります。シーズンが終わる時だけ手入れをするのではなく、毎回行うことが重要です。

またシーズン後はクリーニングに出して、戻ってきたらハンガーにかけて通気性の良いカバーをかけましょう。クリーニングから戻ってきたままにしておくと、ビニールで蒸れてしまうので必ず出してください。そして紫外線のない通気性の良いところにつるして防虫剤もセットすれば、安心して次のシーズンまでしまっておけます。

http://xn--tckue733jrbaw03qbunhm0b.com



毛皮の種類としてはいくつもありますが


毛皮と言うのは色々と種類があるわけですが、最高峰とされているのはしっかりと確立されています。その一つが、ミンクです。これはコートになることが多く、非常に高価であり、ステータスにもなります。もう一つが、クロテンになります。ロシアンセーブルと言えば、高級な毛皮の代名詞となっているほどです。この二つの毛皮が際立って高価になっています。しかし、それだけではなく、色々と種類があるのも確かです(毛皮の種類はこちら)。具体的には馬、牛、イタチ、羊、狐など動物であれば基本的には毛皮は獲れます。高価であるのかどうかは、その動物の種類によって違うことになります。ちなみに必ずしも性能が良いことに繋がっているわけではないです。安価ではありますが、羊などは極めて防寒性が高いので実用品としては使い易いです。種類に拘るのはステータス性を高める為でもあります。また、資産的な価値も高くなることがあります。特にクロテンなどは数が減少していますから、これが一気に増えることはなく、現状の物に価値が増す可能性は極めて高いです。資産投資として購入する人もいるほどです。実用品としての性能がまずは求められますが、やはり肌触りや見栄えなども価値に影響することになります。



毛皮のコートの中でもミンクは高級品になります


毛皮の人気は昔から今まで高いもので、その中でも特にミンクは人気があります。ファーやマフラー、コートなど冬場のファッションアイテムには欠かせず、女性なら一度はミンクのコートを着てみたいと思うでしょう。

ではどうしてミンクが高級品かというと、コート1着を作るのに30頭もの数が必要になるからです。毛皮を取るために飼育されていますが、需要に応じた数を提供することは難しく、また一部の過激な動物愛護団体の人間が飼育施設から逃がしてしまう、さらにコートなどを着ている人に向かってトマトをぶつける、小麦粉をかけるなどをして駄目にしてしまうこともあります。こういったトラブルから現存数が少なく、必然的に高価になってしまうのです。それゆえ取扱店では予約でいっぱい、もしくは高額すぎて購入が難しい状態になっています。

少しでもリーズナブルにミンクのファッションアイテムが欲しい場合は、中古品を探してみるのがおすすめです。コートなどは古い型でも十分におしゃれなので今でも着こなすことができるでしょう。今よりも昔の品の方が質が高いこともあるので、欲しいけれど金銭的にちょっと難しい場合はリサイクルや中古品をチェックしてみてください。